霊視鑑定の後に必要に応じ、各種供養や浄霊、各種祈願などを各種手法を用いて行います。

手法について

対処・手法について

霊視鑑定の結果次第では、「対処・処置」が必用もしくは、された方良い場合があります。「対処」とは、霊障鑑定をした結果、例えば、除霊や浄霊などが必用だと判断した場合す。つまり霊障や霊現象・霊・災いに対して「対処」をする事です。そして、その対処に用いる方法が手法となります。

鑑定の際、お客様には、分かりやすくまとめて、対処や処置、祈願として説明させて頂いております。

除霊

除霊とは生霊・死霊・動物霊・自縛霊・憑依霊・など人や物に憑依している霊を取り除きます。簡単に言うと、説得しても駄目な場合、無理やりそこから引き離すといった感じです。
除霊は、無理やり引き離すわけですから場合によっては、また取り憑くと言う事もよくあります。

 

浄霊

浄霊は、除霊と混同されがちですが除霊とは違い、霊と対話をし納得して鎭霊し成仏していただく事です。こちらは一度、鎭霊していただくと余程の事がない限り、また憑いたり霊障を引き起こす事はありません。
除霊と浄霊であれば通常は浄霊をおすすめしますが、除霊だけで済む場合もありますし状況によります。急を要す場合は、とりあえず除霊をしあとで引き離した霊の救済処置をする場合もあります。

 

供養

一般的な供養、先祖供養や年忌供養、水子供養は生きている私たちが霊魂の鎭霊を願い感謝を表し、真心を捧げることです。
高知神霊所では、一般的な供養の他に霊魂を鎮め安らぎを与え霊格向上して頂くための供養も致します。また除霊などをしたあと、その霊魂が傷つく事のないように清める救済供養もあります。
供養は、因縁・因果を断ち切る第一歩です。

 

生霊に対する祓い清めと道切り

生霊は、憑いている生霊を祓い清める方法と さらに憑いていた生霊を祓い清めた後、生霊そのものを二度と憑かせないようする道切りがあります。
生霊は、生きた人間の霊ですので、軽いものは祓い清めだけでも良いのですが、祓っても再度、しつこく憑く場合が多く、基本的には祓い清めだけでは、その場の応急処置にしかならない事もあります。
そのため生霊に対する対処・処置をされる場合は、祓い清めだけではなく、道切りも行うことをお勧めしています。

 

各種祈願

各種祈願は、一般的には「安産祈願」「合格祈願」「健康祈願」など聞いた事があると思います。
基本的にはそれと同じですが、高知神霊所では、一人一人のご相談内容や状況に合わせて各種祈願を行う事が出来ます。祈願とは、その方の代わりに神仏と対話し祈願内容に合わせて祈願いたします。祈願内容によっては、数日から数ヶ月続けて行うものもあります。
各種祈願は、「恋愛祈願」「大願成就」「対人関係」「縁切り」などお客様の相談内容に合わせて祈願致します。

 

その他の対処と手法

その他にも色んな対処及び手法があります。正しい対処をすれば問題ありませんが素人判断で気軽にお祓いなどするのは大変危険です。かえって悪化する事さえあります。まずは霊視鑑定をし原因を見極め正しい対処をしましょう。
掲載されていないものでも対処できるものがありますので一度ご相談下さい。

 

 

 

質問やその他

よくある質問
magic
siteimage

営業日カレンダー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご利用案内 高知神霊所について 各種ご相談 料金のご案内 お問い合わせ