簡単にできる自分の家の祓い清めの方法

自分でできる自宅の祓い清め

自分でできる自宅の祓い清め

家の中を簡単に自分で祓い清めをする方法です。いくつか自分でも出来る方法がありますが、今回は、塩と線香を使っ行う方法です。あくまで簡易的なものですので、強い霊なや霊障などは祓う事はできませんが、家の中の嫌な、悪い気は、祓い清められます。
この方法は、線香など火を使いますので、十分注意し、自己責任にて行って下さい。

用意するもの

  • お塩 約お椀一杯
  • 線香 適量
  • お椀
  • お盆

 

  1. お盆にお椀を載せ、そのお椀にお塩を入れます。
  2. 線香を親指、人差し指、中指の三本で摘んでとります。数は気にせず摘めるだけ摘んで下さい。
  3. お塩に線香を立て、線香に火をつけます。
  4. お盆ごともって、二階建ての方は二階から、そうでない場合は、一番奥の部屋から順番に部屋の中をゆっくり回り、自分の家の宗派の唱える時に使う言葉を唱えて下さい。
  5. 4.と同じ要領で、各部屋を回りその後、お風呂場次にトイレそして最後に、玄関に行きます。
  6. 玄関では、少しだけ玄関の扉を開けて下さい。ここで同じように唱えて終わります。それが終わればすぐ閉めてかまいません。
  7. 最後に、線香を抜いて、逆にして塩に突っ込んで消して下さい。

以上で終わりです。

 

消した線香と塩は、火が消えたのを確認してから、塩は流すか ビニールに入れてゴミとして捨てましょう。

 

お茶碗やお盆は、100円均一などで新しく買っても良いですし、新しい物でなくても良いのですが、一度この祓い清めに使ったら、他の用途には使わないで 清め専用として置いて下さいね。

 

煙の臭いが気になる方は、煙の少ない線香か、全てが終わった後に窓を開けて換気して下さい。
煙を吸うと むせたりしますので、十分お気をつけ下さい。

 

自分の家の宗派の唱える言葉とは、
浄土真宗なら 南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)
真言宗なら 南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう) といった感じです。

 

線香など火を使いますのでくれぐれも注意をして下さい。
お盆などで足元が見え難くならないようにお気をつけて下さい。
階段など、段差がある所では、足もとに十分注意して下さい。
線香は、確実に消えたのを確認してから捨てて下さい。
子供などには、危ないので絶対させないで下さい。

image

質問やその他

よくある質問
magic
siteimage

営業日カレンダー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご利用案内 高知神霊所について 各種ご相談 料金のご案内 お問い合わせ