御札や御守りについて、対処、処置、各種祈願、霊視

御札や御守りある場合

御札や御守りある場合

対処・処置を依頼された場合、内容によっては、御札や御守りがあります。祈願をかけてから、個人名義にて発送致します。
それぞれに、注意事項ございますので、ご覧下さいませ。

 

お守りや御札の交換について

お守りも御札も簡単言えば有効期限のようなものがあります。通常は、1年間ですが、一生札・2年札・・・等色々あります。
お渡ししてから期限が来たものは、新しく交換されるか、不要な場合はもこちらへ送って頂ければこちらできちんと処分致します。
もしくは、お近くの神社等で年末などお炊き上げをして頂いてもかまいません。
御札の交換は、料金が必要な場合とそうでない場合もありますので、詳しい事はお問い合わせ下さい。

御札についての注意

御札を貼る時は、テープやシールなどで留めて貼り、絶対に御札に画鋲やピンなど鋭利なものや金属類で刺して直接、留めない事

御札をビニール袋やビニール・プラ類の封筒などに包んだり入れたりして貼らない事。必ず直接貼るか紙の封筒に入れて貼るように 

人に見られたくない場合は、封筒や紙の箱などにいれて保管してください。プラスチックなどの箱では駄目です。その箱に入れる場合も、御札はビニールなどに入れて箱に入れないで下さい。紙の封筒に入れるか、直接入れるかして下さい。

箱などに入れて押入れやクローゼットに入れて保管する場合、上にものを乗せないように気をつけて下さい。

御札を貼るか棚などに祀る場合も箱に入れて置く場合でも御札が北向きにならないようにして下さい。

貼ったり置いたりする場所は、タンスの上でもテーブル、クローゼットや押入れの中など、どこでもかまいませんがトイレや洗面所、床や畳にじかに置いたりするのはお避け下さい。また特定の指示がある場合は、それに従い貼るなり置くなりして下さい。

御札が複数ある場合は、一枚一枚並べて置くなり貼っていただくか、1つの束に重ねてもかいません。トランプのようにずらして重ねる方法でも問題はありません。紙の箱などに入れて保管する場合も、重ねて入れてかまいません。封筒の場合も、まとめて入れてかまいません。
また重ねる順序などは特にありませんので気にせず重ねてください。

御守りに関する注意

御守りは身につけて使う肌守りがありますが、常に身につけておくのも難しい場合は、バックなどにいれて持ち歩かれてもかまいません。

御札や御守りの期間につい

通常の御札は、1年札で1年お持ち下さい。

○○年間と指示があった場合は、その期間お持ち下さい。例えば、3年札の場合ですと3年間 お持ち下さい。

○○年○○月○○日までお持ち下さい。という場合はその期間までお持ち下さい。

一生札の場合は、これは一生ものの御札ですので年数に関係なくお持ち下さい。

御札や御守りの処分について

所持して頂く期間を過ぎましたら、当所へ送り返して下さい。

その他、わからない事や質問がありましたら、ご連絡下さい

質問やその他

よくある質問
magic
siteimage

営業日カレンダー


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご利用案内 高知神霊所について 各種ご相談 料金のご案内 お問い合わせ